子供のいたずらに涙する

我が家のいたずら坊主は、陰でこそこそいたずらをします。

ヒーローになりきって、暴れているなと放っておいたら、いつの間にか居なくなって、別の部屋で静かになった時が要注意です。

いたずらといっても4歳児のすることですから、想像がつく範囲ですが。

この間は、障子に小さな穴が開いていました。

穴というより、鋭いもので刺した感じです。

どうやら、ヒーローになりきりおもちゃの剣で刺したようです。

もちろん、本人からの申告なんてありません。

その後も、障子は部分的に張り替えることもなく、外から室内が見えない程度に補強をしておきました。

数日後、気が付くと同じ場所が大きくはがれていることに気が付きました。

また、「ヒーロー」にやられたようです。

今度はA4サイズの白いコピー用紙を張り付けてあります。

また、被害は拡大しそうな気配です。

今後も、こんなことは続くのでしょうね。

末っ子なので、上をみて賢くなっているようです。

怒られることがないように、こそこそいたずらをすることが楽しいのでしょう。

Similar Posts
たまに電話する遠方の友人Aの話
ここ最近、帰省中の私はちょっと落ち込むことがありました。原因は単なる家族喧嘩なのですが、なぜか気持ちが沈みこん...
子供のお友達とそのママ達との付き合い方
現在5歳の長男がおります。 本当に元気いっぱいで、毎日汗だく真っ黒で遊んでます。5歳にもなると、彼は彼なりに社...
農作業を始める時期
先日の2月8日は「事の日」だそうです。なんでも記録では平安時代から続く神事・祭事で特別に大事な日なのだそうです...